香水はいい匂いをさせるのは当たり前ですが、体臭の対策として利用することがあるし、自分の魅力と個性を表現して、異性も視線を吸収することもできるし、自分のセンスを表すこともできます。特に、女性の場合は香水を使用することが大人になるイメージと言ってもいいです。男性の場合は使用する香水が自分の生活品質を反映できます。だからこそ、香水は男女の共通品で、愛用されています。しかし、あなた今、使用する香水は自分に合うかどうかをわかりますか。今回は香水を選ぶ際に注意しなければならないことを説明いたします。だいたい四つの注意点画あります。いまから、一つずつ話しましょう。
注意点1:嗅ぎ過ぎない
我々は香水売り場に行くと、いろいろ試してしまいたくなります。本来は自分がもっとも好きな香りを選ぶために、いろいろ試しましたが、よくない結果が出ましたことで、困りますでしょう。実は、慣れていない人がいきなりたくさんの香りを嗅ぐと、違いを感じにくくなって、判断することが難しくなります。その上で、実はビンやボトルから直接嗅ぐことと肌に付けた状態で嗅ぐことは感じ方の違うだけでなく、香りも違ういます。つまり肌に付けて嗅ぐ方が本来の香りに近くなります。

注意点2:日ごろから自分の好きな匂いを把握しておく
香りのベースとなる種類は決まっています。まずザックリと好みを把握しておきましょう。
フローラル…花の香りがベース
グリーン…爽やかな清々しい香り
シトラス…柑橘系の香り
ウッディ…香木をベースとした香り
アニマリック…ムスクなどの動物性の香り
コンフェクショナリー…バニラなどの甘い香り

注意点3:香りの時系列も考慮する
香りには時系列があり、時間の経過とともに変化することもあります。
トップノート…付けてすぐの香り
ミドルノート…付けてから30分後の香り
ラストノート…付けてから1時間以上の汗や体臭と混ざった時の香り
肌に付けた瞬間に香るトップノート、付けてから30分ぐらいすると香るミドルノート、さらに1時間以上経つと自分の体臭と混ざりあってラストノートとなるのでそこも考慮しましょう。このように、香水は付けてからの時間によって変化しますので、その場で嗅いだ香りがすべてではないことは事実です。

注意点4:体臭ケアは専用のグッズを使う
現在、エチケットのために香水を付けている方も多いのではないでしょうか?しかし、体臭対策として香水を使って、体臭を抑え込むのはよくないです。香水は匂いを与えるものなので、体臭と混ざって余計に嫌な臭いになってしまいます。体臭ケアグッズは嫌な臭いの元を分解・消臭する効果がある「薬用(殺菌・制汗)」で作られていますので、体臭ケアは専用のものを使いましょう。

以上のことを参考して、あなたに合う香水を選び、自分の魅力を最大限に発揮してください。