フェロモンとは、人間同士、動物など、自分と同じな種類に対して、いろいろな関連情報を伝達するために分泌される伝達物質です。長年の間、コミュニケーション手段を持つ人には存在しないと考えられてきましたが、1987年頃にデービッド・バーライナー博士によって、人間にもフェロモンがあり、またそれを感知する器官があることが発見されています。 1992年にアメリカで特許を取得、また2003年には日本で製法特許を取得しています。

フェロモンと言えば、「リリーサーフェロモンとプライマーフェロモンの二つがあります。それぞれ違う働きがあります。分かりやすく、説明しますとリリーサーフェロモンは主に情報伝達の効果があります。一方プライマーフェロモンは異性を誘惑する性フェロモンです。受け手の個体に、変化をもたらします。

最近の研究によると、人間にもフェロモンが存在することが分かりました。鼻の中の、鋤鼻器官というところで受信されていますが、これは普通に私たちが匂いを感じる場所とは違う場所らしいです。フェロモン香水はこの鋤鼻器官からの信号が脳にまで伝達し、無意識で人間の行動に影響を与え、異性を惹きつける、性衝動を引き起こします。

男性の心身を無意識のうちに、誘惑することで、出会いの機会を次々と呼び込む“ラブアトラクション”です。これは無香タイプで、ほとんど香りがないことから、周りに気づかれずに使うことができると、発売以来、高い人気を集めているフェロモン香水です。秘密は、世界で唯一、人に働きかけることが認められている特許取得のヒトフェロモンです。女性らしさ、内面からの魅力を引き出すことで、周囲の男性からの注目をグッと高めてくれます。

★ED勃起障害治療薬の特徴
レビトラ